就職活動中の准看護師のための情報サイト

准看護師の仕事と役割

准看護師として就職するならば知っておくべき情報があります。
それは、准看護師はどんな仕事をし、どんな役割があるのかという点です。
看護師と聞くと、多くの人は正看護師のほうを思い出すことが多いですよね。
しかし、見た目だけでは、誰が准看護師で、誰が正看護師なのかを見分けることはできません。
違いは、国家試験に合格しているか、都道府県の免許を持っているかの違いになります。
また、准看護師は自らの考えで行動することができません。
医師などの指示があって初めて看護をすることができます。
このよう業務内容に違いがあります。
これを考えてみると、あることが理解できると思います。
それは、責任の有無です。
看護をする立場ですから、仕事に関しては責任の有無というものはありません。
しかし、内実的なことを考えるとすると、准看護師は正看護師に比べて背負っている荷物はそこまで重たくはありません。
その代わりに、給与は低いですし、昇格が見込めることもありません。
やり甲斐という点では、少し難しい判断が必要になるかなと感じるのが准看護師です。

では、仕事内容はどのようなものなのでしょうか?
仕事内容は、正看護師とほとんど変わることはありません。
患者の世話であったり、医師の補助などをしていきます。
決定的に正看護師と違うのは、言われたことしか出来ないということです。
看護師として立派に仕事をすることは大事ですが、支持がなければ何もすることができないというのが現状としてあります。
ここが看護師とは色々な面で違う部分になります。
また、夜勤も正看護師が最低1人はいなければ夜勤勤務をすることができません。
つまり、准看護師だけでは夜勤を任せられることはないのです。
こうした違いがある関係で、准看護師は楽だと思われているのです。
しかし、正看護師と同じ程度の責任感は持っています。

准看護師が求められている役割としては、補助的な作業を完璧にこなすことです。
つまらない仕事と感じる部分もあるかもしれませんが、それをしているからこそ多くの人が患者に集中して治すことができるのです。
患者を治す為に間接的にでもしっかりと携わることができるのは、非常に魅力のある役割でもあります。

新着情報