就職活動中の准看護師のための情報サイト

年齢のために就職に不安のある方へ

年齢が高いので、准看護師での就職が難しいのではないかと感じる人は多いかもしれませんが、そのような問題を持つ必要はありません。
現在、看護師不足が深刻です。
年齢が高くても、経験をしているのであれば採用してくれる企業は多いと言われています。

准看護師や正看護師にとって、「判断力」というものは非常に重要になってきます。
そこをどのように考えて行動することができるかによって、自分の今後の動き方が変わってくるのです。
ですから、急性病院などでは判断力が必要になりますので、医療ミスを引き起こすのは50代の看護師に多いと言われています。
激務が続く中では、集中力や判断力などが年齢により衰えてしまう場合があります。
そうなってくると、仕事を任せられないなどが発生し、精神的にもキツい状況になると言われています。
ですので、高齢の准看護師で就職をするのであれば、外来のみの受付の小さな病院や、リハビリ施設などで働くことが望まれています。
そうした場所でも、看護師不足で悩んでいる企業は多く存在していますので、調べてみるのが良いでしょう。

また、高齢で看護師の資格を取り、そして働きたいと考えるのであれば、その先の道は険しいものになると言われています。
看護師は、上記にも記述したとおり、「判断力」が求められる場合が多いです。
この判断力は非常に大事な能力になります。
それを知らずに、また、経験も無い高齢の新米准看護師を雇う場所となると非常に限られてくることが言われています。
そうなってくると、就職する場合には難しいと感じることはあるかもしれません。
ですが、今後は、看護師不足がもっともっと深刻になっていきます。
そのような未来がすぐに訪れようとしていますので、これから准看護師を目指して、就職を考えている人でも諦めることなく続けることができれば、きっと就職することは可能となります。
ですが、それには相当な向上心と、タフな精神力がないと厳しいとされています。
1回経験があり、ブランクで高齢になってしまった場合は、日本看護協会が研修をしていますので、そういったものに参加することで、すぐに復帰することが可能とされています。

新着情報