就職活動中の准看護師のための情報サイト

准看護師が必要とされる職場

准看護師として就職したいと考えている人は多いです。
そんな中で、気になるのは企業側がどの程度、准看護師を求めているかになります。
結論から言えば、准看護師を求めている企業は非常に多いことが言われています。
正看護師に比べて扱いがし辛いとも言われる准看護師ですが、その特徴やスタイルなどから企業は新たな戦略として、准看護師が欲しいと考えている人が多いのです。
一体、准看護師に何を求めているのでしょうか?

ここで、准看護師と正看護師の違いを簡単にまとめてみましょう。
正看護師は国家資格であり、自らの意思や判断で行動することができますし、将来的には管理職に就くことができます。
一方の准看護師は、国家資格ではなく都道府県資格となり、自ら判断して行動することができず、医師又は正看護師の指示で動くことしかできなくなります。
この違いを見ると、正看護師のほうが圧倒的に需要があると感じますよね。
医師の指示などもいらず、自らの判断で行動することができるのであれば、企業側からしたらそういった人のほうが楽だし、頼もしいと感じるハズです。
何故、企業は准看護師のほうを検討しているのでしょうか?
その理由は簡単です。
理由は、"人件費が安い"からです。
准看護師は、正看護師に比べて求められる仕事内容が多少は簡単になりますので、どうしても給与水準が低くなります。
企業は、人件費を安く抑えたいと考えており、そのような経営を進めています。
それにマッチする人が准看護師となるのです。
特に准看護師を求めている企業は、小さな病院などでその傾向が強いとされています。
小さな病院であれば医師の目が必ずありますので、准看護師でも正看護師でも違いを見出すことはありません。

准看護師として働く人からしてみると、給与水準が下がることや、昇格が望めないことなど、将来を不安に感じる人もいるかもしれません。
ですが、ライフプランとビジネスプランを考えてみると、准看護師のほうが両立をすることが可能です。
将来的に見ても、非常に働く環境が整っているとされているのが准看護師であり、人気が高いのです。
准看護師を必要とされている職場は以外と多いというのはメリットです。

新着情報