就職活動中の准看護師のための情報サイト

病院で働きたい方へ

准看護師も正看護師と同様に病院で働きたいと考えている人は多いのではないでしょうか?
准看護師は、医師や正看護師の指示が無ければ、自分から動くことができません。
その為、誰かと一緒に動くか、簡単な仕事を任せられることが多いことが言われています。
では、企業としても、准看護師を設置する必要はないのでは?と感じる人が多いかもしれません。
確かに、自ら行動することができる正看護師がいれば、いちいち指示を出すこともないので、簡単で効率が良いかもしれません。
ただ、経営を企業が続けていく上でなら、准看護師のほうが使いやすいということがあります。
それは、人件費が安いからです。
人件費は企業が経営を続けていく中で非常に重要な部分になります。
ここをいかに削減することができるかによって、企業は経営を続けることが可能となります。
准看護師は、小さな病院こそ求められる職になります。
総合病院などの大きな病院では、医師の指示というものがそこまで行き届かない可能性があります。
ほとんどが正看護師と一緒に行動するか、簡単な検診などをする程度になります。

准看護師で病院で働きたい人へ注意する点があります。
この部分をしっかりと確かめてから、働く病院を選ぶことが求められています。
まず、看護師の年齢層を確認することが重要です。
人間関係がしっかりとしていなければ、何も問題はありませんが、そういった場所と巡りあうことは難しいとされています。
准看護師であろうとも、人間関係は非常に大事です。
それを最初に知っておくことは非常に大事になってくることになります。
また、准看護師は夜勤を多くさせられるという傾向にあります。
その病院が、入院する施設が用意されており、夜勤があるのかどうかを確認することも重要です。
正看護師が夜勤では必ず1人はいなければいけません。
そのペアとして指定されるのが、ほとんどが准看護師になります。
人件費が安いというのがその理由であり、正看護師に夜勤をさせると、お金が多く発生してしまいます。
ですので、病院でも小さな病院などで外来だけの病院を選ぶのが良いとされています。

新着情報